プロフィール

nijntje

Author:nijntje
はじめての子育てに四苦八苦しながら、合間を縫ってゲームをする人。趣味が偏ってるので数はこなしません。予約して買ってる割にはペルソナ4もアバドン王もほとんど手つかず。専らケータイアプリと携帯ゲーム機がメインですが、アプリの更新が止まってるので、現在デビルサバイバー→ペルソナPSP→デビサマPSP→ストレンジジャーニーとはしご中


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 その15

第八話開幕。

冒頭、鳴海所長が意味ありげな言葉をかけてきます。
正義の多様性が底流にあるようですね。
これまでのデビルサマナーの世界観と若干違いはありますが、
嫌いではありません。
むしろこれまで以上に人間の物語という印象を受けます。

ところで、話が佳境に入ってきました。
レベル的にも中盤も終わりごろといった感じでしょうか。
ということは、思ったよりも短いということですね。
 怪事件発生
  ↓
 原因は陸軍の秘密計画が
  ↓
 背景に国津神による天津神への復讐
までは見ててきました。
まだ裏があるのでしょうか。

現在異界・桜田山から和電イ号基に入るところです。
シュミットでライドウは強化しましたが、
まだ仲魔が頼りないのでもう少しここで粘ろうと思います。
和電イ号基は長丁場になりそうですし。

早く進めないと週末からしばらくプレイできそうにないのですが、
思ったよりも時間が取れません。

そんなわけで次回はインターミッションです。
スポンサーサイト

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 その14

第六話および第七話終幕。

どちらも短いですが、
シナリオ上大きな意味を持っていますね。

第六話はいたるところでカヤ嬢の狂気が見て取れます。
散らかった髪の毛と部屋に入ってきた時の表情は怖かったです。
ここまでほとんど絡みがなかったので、
これが素なのか操られているのかはっきりとしません。

第七話は定吉さんが嫌味な役で再登場。
話を進めていて葛葉が天津神側に立っていることにやっと気付きました。
帝都を守る、ヤタガラス、いろいろつながっているんですね。
あと、逆凪とか久々に聞きました。
最近読書をしていないことに気付いて寂しくなりました。

戦闘が大味になってきました。
与ダメージも被ダメージも割合大きくなってきているので、
回復が追い付いていません。
回復役はアルプとアズミとリャンシーだからしょうがないですね。
修験界にもしばらくいっていないのでそこで鍛えようと思います。

あと、ボス戦よりも通常戦闘のほうが苦戦するのは、
いつものことなので何も言いません。

そういう流れで次回に続きます。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 その13

第伍話終幕。

第四話のラストから。
天主堂にてラスプーチンと対決。
何から何までネタの宝庫ですね、この人。
ラストは結局何なのでしょう。
ターミーネーターということは、
本当のラスプーチンは史実通りすでに故人であり、
不法入国も全然関係なかったという解釈しています。
ラスプーチンもこれで最後ということはないでしょう。

そしてこれまでまったく気に留めていませんでしたが、
初めて「超力兵団」という言葉が登場しました。
出し惜しみのしすぎと悪ノリのしすぎはここの特徴ですね。

そして第伍話に入り霞台へ向かいます。
しかし、本当にタヱちゃん役に立ちませんね。
霞台は捜査スキルうをフル活用して報告書を集めます。
ちょうど手持ちの仲魔に雷電属の悪魔がいなかったので、
しらみつぶしに探しました。
雷電属と外法属はすぐ足りなくなります。
銀氷属はつねにストックにいるのに。

意味ありげに登場した定吉も、
伍話ではこれっきり。
この活躍に期待しましょう。

地下では宗像閣下御自ら超力兵団計画について講義が。
憂国の士です。
今回はこんな感じのキャラが多いですね。
それぞれの価値観が明確というかなんというか。

そして、天津神に承伏された国津神の話へと展開。
プロットとしては真・女神転生IIと同じですね。

カヤ嬢救出まであと少し。
ナガスネヒコ、アビヒコの兄弟と戦闘です。
序盤は大したことありませんでしたが、
合体攻撃がうっとうしいです。
ダメージが馬鹿にならないうえ、
攻撃できない?ので、
仲魔は帰還させてひたすら逃げ回ります。
そうこうしているうちにアビヒコを撃破。
あとは楽勝かと思いきや、
ここからが大変でした。
弟を倒されて逆上したのか何なのか、
攻撃が突如苛烈になりました。
おかげでライドウはほとんどガードしてるのに、
ガンガン削られていきます。
特に仲魔が次から次に瀕死になっていきます。
 攻撃用召喚
  ↓
 仲魔がピンチになったら回復用召喚
  ↓
 回復した攻撃用召喚
こんな風にしのいでいきました。
ライドウはアイテムで回復です。
何とか倒しましたが、
これはきっと同時に倒さなきゃいけなかったんでしょう。

何はともあれついにカヤ嬢を救出しました。
そして鳴海所長が何やらストーリーに絡んできそうですね。

次回は第六話です。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 その12

第四話クライマックス。

不法入国者に関する情報を教えてもらうため、
佐竹の兄貴に会いに行きます。
やはり絡んでくるのはエルフマンなる商人です。
名前からして悪魔かな?と思っていたのですが、
実はまったくのハズレ。
それがわかるのはもう少し後の話です。

そして、原田商会の積荷がまたも消失。
ライドウが考える間もなく、
ゴウトが異界開きを指示します。
こうなったらゴウトを操作させてください。

舞台は変わりまして異界・晴海町。
アンズーたくさんやらトリグラフやらと戦闘。
あっさり勝利。
強制戦闘は遠慮なく戦えるので気持ちが良いです。
ついでに称号も「百魔繚乱」になりました。
オボログルマを仲魔にしました。
これで現場検証が再びできるようになりました。

海を渡るために大タラスクと交渉します。
その際トゥルダクを仲魔にしました。
オバリオンと合体させて、
技芸属リャナンシーを作成。
回復役が増えました。
大タラスクに乗ってエルフマンのところへ向かいます。

ついた先は天主堂。
今のところ何もないのでその先の外国人墓地へ。
ここで衝撃の事実。
エルフマンはすでにこの世にはいませんでした。
では、今エルフマンを名乗っているのは?
十中八九彼ですが。

次回、先ほど何もなかった天主堂です、たぶん。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 その11

明日は早朝から出かけるのにもう一回。

第四話開幕。

暴利を貪る金王屋からの依頼です。
いかに憎くとも閉店されると困るので、
晴海町へ向かいます。

その前に、修験界へ。
うーん、第三層だけですか。
もしこのペースで開放されるとして、
ほかにこういった場所がないのだとしたら、
11話ぐらいでおわってしまうかもしれません。
さすがにそれはないと思いますが。

で、晴海町ですが、
出現悪魔が強いです。
適当に作った仲魔の忠誠度上げをしていたのですが、
毎回戦闘後の回復が必要です。
晴海町では竜宮の女将から話を聞いて帰りました。
これまでの流れから、
仲魔のスキルをからませたギミックが仕込んであることが読めてきます。
今回はこの貯水池があやしいですね。
まあ、ゴウトが教えてくれるでしょうけど。

個人的にはゴウトのヒントがちょっと多すぎに思えます。
もう少し悩ませてほしいところです。
その分テンポ良く進んでいくので、
それはそれで気持ちがよく、
製作者の意図もそこにあるのかもしれません。

今後の戦いのそなえて、
バイナリーとシュミットで強化しました。
さらに称号が変わって「人中の獅子王」になりました。
管の数が12になってかなり余裕が出ましたね。
戦闘用、捜査用、回復用とそろえておきたいので。
現在の仲魔は、
 オバリヨン(力任せ・侵入)
 モー・ショボー(飛行・戦闘)
 ジャックフロスト(冷却・ヒロ右衛門)
 アズミ(回復・冷却・飛行)
 オシチ(回復・読心術)
 ポルターガイスト(なんとなく)
 オキクムシ(読心術・合体素材)
 サティ(戦闘・発火)
という面子です。

次回は佐竹の兄貴に会いに行きます。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 その10

第参話終幕。

てか、短くないですか?
魔斗量子界にかなりの時間を取られたのは確かですが、
実質ダンジョンがこれ一つだけとは。
どこか行き漏らしているとはないと思います。

で、その魔斗量子界です。
紡績工場の従業員たちがそこかしこにいました。
選択肢の意味がいまいち分からなかったのですが、
「社長みたい」と思われるようなものを選んでいきました。
結果的に正解なのかどうかわかりませんが、
大道寺清氏がいかに工場と従業員を愛していたかが見て取れます。
大道寺氏も命は取りとめたようですし。

「深まる謎」
また新しいキーワード「ヒルコ」
今後日本神話がかかわってくるのでしょうか?
少なくとも真・女神転生IIのヒルコとは無関係のようですが。

そしてすっかり忘れていた大道寺カヤ嬢。
ついに姿を見せたラスプーチン。
ラスプーチン足袋はいていました、多分。
ほとんどの謎が解決しないままストーリーが進んでいきます。
いったい何話まであるのでしょう。
切りのいいところで10話とか20話?
ドラマ仕立てなので12話または48話?
短すぎるのも長すぎるのも嫌ですが、20話ぐらいでしょうか。
シリーズおなじみの裏にある大きな陰謀が見えてこないうちは見当もつきません。

どうでもいいですが、
ラスプーチンのマトリョーシカほしいですね。
これを思い出しました。

てか、短くないですか?
魔斗量子界にかなりの時間を取られたのは確かですが、
実質ダンジョンがこれ一つだけとは。
どこか行き漏らしているとはないと思います。

で、その魔斗量子界です。
紡績工場の従業員たちがそこかしこにいました。
選択肢の意味がいまいち分からなかったのですが、
「社長みたい」と思われるようなものを選んでいきました。
結果的に正解なのかどうかわかりませんが、
大道寺清氏がいかに工場と従業員を愛していたかが見て取れます。
大道寺氏も命は取りとめたようですし。

「深まる謎」
また新しいキーワード「ヒルコ」
今後日本神話がかかわってくるのでしょうか?
少なくとも真・女神転生IIのヒルコとは無関係のようですが。

そしてすっかり忘れていた大道寺カヤ嬢。
ついに姿を見せたラスプーチン。
ラスプーチン足袋はいていました、多分。
ほとんどの謎が解決しないままストーリーが進んでいきます。
いったい何話まであるのでしょう。
切りのいいところで10話とか20話?
ドラマ仕立てなので12話または48話?
短すぎるのも長すぎるのも嫌ですが、20話ぐらいでしょうか。
シリーズおなじみの裏にある大きな陰謀が見えてこないうちは見当もつきません。

どうでもいいですが、
ラスプーチンのマトリョーシカほしいですね。
これを思い出しました。
http://guideline.livedoor.biz/archives/50983881.html

次回はまず修験界に行ってみようと思います。
無駄足だったらいやですね。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 その9

第参話 その1

といっても本編には入っていません。
タイトルからしてラスプーチンが出てきそうですね。

まずは金王屋で購入した解錠工具を使うために大道寺邸へ。
中村さんからカフスボタンを入手しました。
あんまり好かれていないみたいだけど、
この人はこの人なりに真剣に大道寺家のことを考えてのことです。
入手物の中に「飲みかけのウォッカ」なるものが。
酒といえば、タラスクです。
値の張るビールは上げ損でしたが、
これはモノがよかったようで、
秘宝小島へ連れて行ってくれました。

こんなことをしている間にまた称号が変化。
名も無き神社へ向かいます。
今度は歌舞伎ですか?
さらに修験界なるところへ行くことができるようになりました。
仲魔集めと忠誠度上げの場ですね。
出現率が尋常じゃないんです。
みるみる忠誠度が上がっていきます。
さらに称号が変化。
「稀なる降魔器量」と称することになりました。

いい加減本編に入るところですが、
その前に買い物を回復を行います。
金王屋に新製品が入っていますが、
懐がさびしいので火炎弾装と回復アイテムのみ購入します。

次に業魔殿へ。
サクリファイスに続いてシュミットが可能に。
いわゆる剣合体ですね。
手持ちの仲魔からツチグモを選んで合体。
刀のパラメータは累積ではなく、
最後に合体した悪魔のみが関連するみたいですね。
ほかの仲魔も適当に合体させていきます。
紅蓮属オシチはかなり使えそうです。

今日はここまで。
次回こそ紡績工場に行きます。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 その8

第弐話終幕。

エピローグでしんみりとしてしまいました。
信じられないスピードで、信じられない形に変化していく時代。
それにうまく対応できず立ち尽くす人。
鳴海所長とゴウトの言葉が重くのしかかります。
所長は知っていたんですね、赤マントが飯田さんであることを。
前回引っかかっていたことのいくつかはここで得心しました。

残る謎は、話の根幹を除けば、
ラスプーチンの目的ぐらいでしょうか。

ここで少し話を戻して異界・銀座。
あまり深く考えずに適当な仲魔の忠誠度をあげながら探索していました。
トゥルダクとモコイにやや苦戦してしまい、
こちらのモコイが死亡し、
ライドウとライジュウが魔封にされてしまいました。
アイテムで回復させましたが、
新しいフィールドでの育成はまだ危険なようです。

うろうろうろうろして赤マントを追跡。
まさかのオバリヨンの出番。
今後異界に入る際は一通りのスキルを用意しておいたほうがよさそうです。

いよいよ追い詰めた赤マント。
これが手ごわい。
追い詰めたと思ったら200以上回復する。
ライドウはビビッて防御していたのですが、
これではジリ貧は必至です。
防御をしつつすきを見てペシペシ切りつつ、
テンションがたまったら合体技を発動。
大苦戦というほどではありませんでしたが、
何とか倒すことができました。

次回、第参話です。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 その7

今日は時間があったのでもう少し進めました。
少し?いやかなりかもしれません。

異界・深川町はアズミを仲魔にできたので、
HPの心配はさほどなくなりました。
ギミックは単純ながらおもしろいです。
最初にも感じた仲魔を使役している感覚がとても気持ちいいです。
その反面仲魔にするのに苦労するのですが。

で、異界・深川町は想定していたよりも楽にクリアできました。
車夫の飯田さんにもお使いに使われて、
ライドウ君、すっかりみんなのパシリです。
ゴウトもあきれていましたし。(もう少し後のシーンですが)
佐竹さんもがっかりしていることでしょう。

その佐竹さんに渡り合ってもらって遊郭へ。
妹のシズさんは以前銀座町で会っていたんですね。
そして、またもやお使い…。
タクシー襲撃事件の犯人探しに入ります。
おそらくは悪魔がらみなのでしょうが、
普通?の事件なので鳴海所長に相談します。
このあたりからストーリーが一気に進みました。
レベル上げしてたせいもあるかもしれませんが。

言われるがままにミルクホールへ行き、
タヱちゃんにおこずかいもらって、
栗須坂でオボログルマと戦い、
シズさんに人力車の部品とお守りを渡して、
飯田さんに会いに行って(空振り)、
竜宮で赤マントの情報を聞いて、
工事現場でいよいよ赤マントと遭遇して逃げられ、
というところです。

また、鳴海所長が赤マントの正体に関して気になることを言っています。
赤マントは大道寺清ではないのでしょうか?
そしてシズに渡したお守りの意味は?
ラスプーチンはまた出てくるのか?
大弐話、(たぶん)クライマックスです。

次回、異界・銀座町です。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 その6

インターミッション その2

気がつけば称号がどんどん変わって「モダン陰陽生」なるものに。
アマテラスの使者のセンスがすごい方向へいってる気がします。
関係ないですが、モダン焼きって好きです。

「召喚! ジャックフロスト!!」
やっとのことでできた頼れる仲魔です。
アギ・火炎半減・焔魔撃斬を継承させました。
あとは回復係ですが、なかなかいいのがいません。
当分はアズミでしょうか。
ところがいろいろ合体させていたせいで、
ディアを所持している仲魔がいなくなってしまいました。
無謀にもその状態で異界・深川町へ再度行ってきました。
うわ、傷薬と解毒符がどんどん減っていきます。
またもや退却。

もう少し深川町で鍛えてから挑もうと思います。

次回こそ異界・深川町を越えたいですね。

デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 その5

FC2が不調で一回消えてしまいました。

今日は筑土町と大道寺邸地下をうろうろして仲魔を育成しました。
銀座町とかは行くのにお金かかりますし。
絶対効率悪いと思いますけど。

合体は転倒合体が便利です。
何といってもスキル継承がやりやすいのは大きいです。
問題は外道属が今のところアルプだけということでしょうか。
デビルカルテを多用するのは金銭面で苦しいので、
明日ぐらいまではちまちまと鍛えていきます。
そもそもジャックフロストのレベルまでいってないですし。

うーん最初に書いたものよりもだいぶ短いです。
長くても内容なんてさほどないからいいんですが。

そんな訳で次回もインターミッション。
深川町に行くのはいつの日やら。

デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団 その4

長男すごく太ってました。

ダメダメ父さんは夜の間にライドウを少しプレイしました。

第弐話スタートです。

銀座町をうろうろしながら情報収集。
竜宮に行く前にタクシー事故について聞いたり
ぼろぼろのお守りを手に入れたりしました。
何かの伏線ですね。

「ちょっとコワイけど親切な女将さん」
最初の印象から、あんまり話してくれないのかと思っていたのですが、
最後には笑顔を見せてくれました。
さすが料亭の女将さんです。
しかし、お使いが多いですね。
次は深川町ですか。

「ヤクザをころしてへいきなの?」
いや、殺しはしてませんが。
何が驚いたって、あの体を洗っているシーン。
乾いた摩擦音も合わさって異様な雰囲気があります。
まさかグロテスクなシーンや暴力シーンってこれですか?
なわけないか。

深川町では敵が思ったよりも強く仲魔を強化しないと辛くなってきました。
レベルもたいして上げていませんし。
結果異界深川町で初全滅。
ええ、ののしられましたよ。

そんなことがあったので、銀座町と筑土町で仲魔強化。
何よりすぐに合体ができないのが辛いです。
適当に合体を重ねたのですが、あまり強くなった気がしません。
失敗したかもしれません。
今さらですが今後の方針を考えます。

戦闘中はあまり余裕がないので気にしていませんでしたが、
全体に攻撃力不足です。
しかし、蛮力属は使いにくい印象があります。
ということはいかに弱点属性を突くかということになります。
ペルソナ3のように複数属性の魔法をもった仲魔を作り必要がありそうです。
さらに弱点の補強もしたいところ。
今のところぱった見た感じですが、
ジャックランタンの火炎半減とポルターガイストの衝撃半減があります。
ついでにアギやザンを継承できるようにしばらくがんばってみます。
気持ち火炎が弱点の悪魔が多い気がするので、
ジャックランタンからジャックフロストを作ってみます。
レベルが全然足りませんが。

そんなわけで次回はインターミッションですね。

デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団 その3

第壱話終了しました。

ボス戦闘続きでちょっと焦りました。

「初合体!」
まずは業魔殿で合体を行いました。
アルプ×アガシオンでジャックランタンを作成。
ディアを継承させたのでしばらく使えそうです。

「アガシオン探し」
大道寺邸の地下を探し。
前回探索した際にいかにもなにかありそうで反応の薄かった場所へ向かいました。
案の定ここに地下への入口があるようです。
しかし!
現場検証のできる仲魔が必要とのこと。
さっきアガシオン合体させいました…。
まずはそれをもう一度仲魔にするところからです。
大道寺邸をうろうろするものの、これが結構出ません。
そのうちにジャックランタンはMP切れに。
しょうがないので他の仲魔でうろうろして、
アガシオンが出現してからウコバクを召喚することで何とか仲魔にしました。

で、やっとで進入した大道寺邸地下ですが、結局またお使いに戻ることになりました。
いろいろあってタラスク戦。
ジャックランタンと火炎弾で思ったより苦戦せず勝利。
地下牢へ。
日記帳を手に入れるもまだ話が読めません。
続いてガシャドクロ戦。
ジャックランタンのMPをチャクラチップで回復して勝利しました。
合体技TUEEEEE!
火炎弾なくなりましたけど。

「ロシア人なのになぜエセ英語?」
で、謎の人物。
いやラスプーチンですが。
そしてイチモクレン戦。
ボス戦続きすぎです!
召し寄せで召喚されるトゥルダクは火炎に弱いのでジャックランタンと集中攻撃。
イチモクレンの弱点がわからないので合体技でチマチマと攻撃。
仲魔を入れ換えればいいんでしょうけど、そんな余裕ありません。
ガードもほとんどしていませんし。
そんな訳でトゥルダクにアギ、回心、テンションたまったらイチモクレンに焔魔撃斬で勝利。

「疑ってごめんよ」
弟さん(名前失念)はそんなに悪い人ではなかったようですが、
人外に変化して脱走。
カヤお嬢さんは見つからずじまいで多くの謎を残し第壱話がおわりました。
エンディングの音楽がそれっぽくていいですね。
つくづく雰囲気重視のゲームだと思います。

「純情?」
あと合間にライドウがランクアップしました。
便利になるのはいいんですが、これは狙っているのでしょうか?
アマテラスの使者、やってくれます。

次回は第弐話ですが、週末は嫁さんと長男に会いに行くので週明けでしょう、きっと。

デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団 その2

昨日に引き続きライドウです。
まずは探偵らしく帝都の街で聞き込み調査です。

操作性はちょっとアレですけど、楽しいです。
これまで以上に仲魔を使役している実感があります。
もう少し画面が見やすいとよかったんですが。

「ああ勘違い」
金王屋って「コンノウヤ」って読むんですね。
「キンオウヤ」って今まで思っていました。

「業魔殿へヨーソロー」
ヴィクトルはまた怪しいですね。
ちょっと動き方がマエストロチック?で好みです。
メアリのプロトタイプは出ますかね?
初代デビサマでいなかったから造魔の研究を匂わすだけでかもしれません。

聞き込みの結果、大道寺邸へ向かい家探しするライドウ君。
小銭で買収したり、脅したり、ビール持ち出したりで中村さんが不審がるのも当然です。
邸宅で手に入れた写真を元に女学生リンちゃんと知りあいに。
長身のメガネさん、個人的に好きです。
仲良くなる間もなく消えてしまいました。
ゴウトの指示でアマテラスの使者がいる神社へ向かいます。

チュートリアルの意味合いもあるんでしょうけど、お使いですね。
電車代80円払って神社へ。

適当にすすめて異界築土町に飛ばされます。
いきなり戦闘!
よく考えたら何も準備してない!
仲魔はウコバクとアルプ。
悪くはないんですが、頼りない印象は否めません。
幸い回復とセーブができるので、仲魔集めをしていきました。

今作は回復に結構お金がかかります。
アイテムはまだ買ってないのですが、あまりたまりません。

シキミの壁を破るには電撃属性の攻撃ができる仲魔が欠かせないようです。
野良でジオが使えるのはアガシオン。
ライドウのレベルが足りないのでレベル上げをして仲魔に。
これで仲魔は上記2体プラスアズミです。
いざ、ボス戦へ。

ボス戦はツチグモ3体。
いろいろ試した結果、アズミのブフに弱いことがわかり集中攻撃。
合体技も1回だけですけど使いました。
そして無事、勝利!
思ったより苦戦しなかったですね。
慣れてきたんでしょうか?
たぶん違います。

リンちゃんを取り返したところで今日はおしまい。

次回大道寺邸の地下を探します。

今さらですがライドウ始めました

嫁さんが長男出産のため実家に帰っています。
あんまり暇なんでライドウ買ってきました。

11月には帰ってくるから、それまでですが。

仕事を終え帰宅してすぐスタート。
まずはオープニングデモを2種類堪能。
音楽が結構いいですね。
デビサマの音楽と言えば初代デビルサマナーのボス戦戦闘曲、
あれカッコよくて好きでした。
そんなことを思いつつ本編へ。

命名が終わったらすぐにチュートリアル。
ということはきっと戦闘多いんでしょう。
アクション苦手なんですが大丈夫でしょうか。

「攻撃は□ボタン」
□ボタンってどれですか?
パッドと画面を交互に見ながら恐る恐る攻撃をするライドウ(予定)。
あ、銃撃ちました。
敵の方を向くのがままなりません。
とりえず□ボタン連打で突破できました。

「いろいろな物理攻撃を試してみよう」
やっぱり連打。
何とか突きまでは時々出せるようになりました。
敵が多いとパニックになります。

「魔封を使いこなそう」
2回失敗しました。

「仲魔を使いこなそう」
とりあえずお任せでいきました。

いろいろあってボス戦、対オキクムシ。
適当にザクザクやってたら倒せました。
でもこれじゃあ先が思いやられます。
ゴウトが案じるのも当然かと思います。

文字でのアイキャッチがカッコいいですね。
今作は雰囲気はすごくいいです。
肝心の本編はお嬢さんがさらわれて捜査を開始。
ここでセーブして今日はおしまいです。

次回帝都に繰り出します。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。